スタッフブログ

2017年1月24日 火曜日

確定申告

確定申告の時期が近づいてまいりました。
確定申告は、昨年1年間(平成28年1月1日~平成28年12月31日)の個人の所得税、消費税、贈与税を計算し、所轄税務署に申告・納税をすることです。

今年の確定申告の申告時期は、2月16日(木)~3月15日(水)です。

以下の項目に当てはまる方は確定申告が必要なので、書類の作成、添付書類の準備等をしましょう。
・2つ以上の会社より給与を受けている方
・住宅ローン控除を初めて受ける場合(2年目以降は年末調整で可能)
・不動産収入や配当収入、年金収入など副収入がある場合で、その副収入に対する所得が20万円を超える場合
・医療費控除・雑損控除などを受ける場合
・110万円以上の贈与を受けた場合(住宅等取得資金の非課税制度を受ける場合も申告が必要です。)

今年は社会保障・税番号(マイナンバー)制度の導入により、平成28年分以降の確定申告書等の提出の際には、「マイナンバーの記載」+「本人確認書類の提示又は写しの添付」が必要ですので注意しましょう。

贈与等の生前対策、現在相続税がいくらかかるのか。一宮市・稲沢市でお悩みの方は、ぜひ相続申告相談センター・一宮にご相談ください。専門家がお悩みについて解決いたします。

投稿者 相続申告相談センター・一宮 | 記事URL

2017年1月10日 火曜日

相続税の申告実績

昨年12月に公表された国税庁の「平成27年分相続税の申告実績」によると、平成 27 年中に亡くなられた方(被相続人数)は約129 万人、このうち相続税の課税対象となった被相続人数は約10万3千人となり、前年対比で約47,000人増加しました。これは27年中に死亡した人の約8%(課税割合)に相当し、前年の課税割合が4.4%なのでほぼ倍増しています。

ざっくりで言うと死亡数100人に対し10人が相続税申告対象となります。平成27年1月1日以後の基礎控除引き下げの税制改正において、約1割の方が相続税申告をする必要があるということです。申告有無を確認する際は注意が必要です。
また、相続税が0円でも相続税申告書を提出する必要があるというケースもありますので、10ヶ月の申告期限に遅れないように早めに確認しましょう。

相続申告相談センター・一宮では、今年も予約制にて夜間・休日にも無料相談を行っております。
一宮市・稲沢市在住の方は、お気軽にご相談ください。

投稿者 相続申告相談センター・一宮 | 記事URL

ACCESS

〒491-0831
愛知県一宮市森本2丁目26番5号

【受付時間】
月~金 8:30~17:30

【定休日】 土日・祝日

0561-72-3848
iPhoneの方は下記番号をタップすると通話料無料で電話ができます。
Tel:0120-797-037
お問い合わせはこちら 詳しいアクセスはこちら