スタッフブログ

2018年1月16日 火曜日

亡くなった方名義の建物を取り壊すには

亡くなった祖父母や両親が住んでいた家、名義は亡くなった方のままになっていませんか。もう使っていないから取り壊したいと考えた時、このことはどう影響するのでしょうか。

例えば、亡祖父が住んでいた家がありました。亡くなってからはずっと誰も住んでいません。孫のAさんが取り壊しを検討しているのですが、建物名義は祖父のままです。

この場合問題となるのが、
①建物の所有者は誰か?(建物を取り壊す権限を持つのは誰か?)
亡祖父の財産について遺産分割協議が整っていれば、その方に所有権があります。所有権がある方が建物を取り壊す権限を持ちます。
遺産分割協議でAさんが取得する内容になっていれば取り壊すことができます。
しかし、遺産分割協議がされていない場合は、法定相続人が法定相続分にて建物を共有している状態になります。この場合、そのうちの一人が勝手に建物を取り壊すことはできません。他の相続人が建物を取り壊すことを了承し、またはAさんが取得することの遺産分割協議が整えば、Aさんが取り壊すことができます。

②名義変更(所有権移転登記)が必要?
建物の取り壊しは解体業者に依頼されるでしょうが、解体業者も所有者でない方からは依頼を受けることができません。依頼する際には、通常なんらかの確認が行われるでしょう。登記がされていない(名義変更していない)場合には、遺産分割協議書などで確認が行われる場合もあります。この点は、解体業者にご確認ください。
取り壊した後に建物の滅失登記をしますが、この登記は登記名義が亡祖父名義のままでも可能です。滅失登記をする際には、戸籍等を添付して申請人が名義人の相続人であることを証明することでできます。

被相続人の居住の用に供していた家屋及びその敷地に対し、空き家の譲渡所得税特別控除の適用をお考えの場合には、手続きが煩雑になることがあります。お困りの場合は、相続申告相談センター・一宮までお問合せください。

投稿者 相続申告相談センター・一宮 | 記事URL

2017年12月26日 火曜日

年末年始休暇のお知らせ

下記の期間を年末年始休暇とさせて頂きます。

平成29年12月29日(金)~平成30年1月4日(木)
新年は1月5日(金)より通常営業を開始いたします。

休暇期間中のお問い合わせは、こちらまでご連絡ください。

年末年始にてご連絡が遅くなる場合がございますが、ご了承ください。
ご不便をおかけしますが、何卒ご理解くださいますようお願い致します。

本年中は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございました。
皆様のご多幸をお祈りいたします。

投稿者 相続申告相談センター・一宮 | 記事URL

2017年12月12日 火曜日

亡き父の連帯保証債務が発覚した場合

Q.2ヶ月前に父が亡くなりました。相続人は私(長女)と兄(長男)の2人です。父の遺産を調べたところ、評価額が5,000万円の自宅兼工場と預貯金が200万円ありました。兄は父の仕事を継ぐので、自宅兼工場は兄が相続し、その代わり私には預貯金の200万円を渡したいという相談がありました。ところが、父の死から1ヶ月後に兄から、父の連帯保証債務が2,000万円あり、半分の1,000万円を負担して欲しいと連絡が来ました。そんなお金はありません。どうしたらよいでしょうか?

A.相続放棄を選択しましょう。
相続開始から3ヶ月以内であれば、相続放棄が申し立てられます。相続放棄の申述を家庭裁判所に申し立てましょう。相続放棄が認められれば、最初から相続人ではなかったことになり、連帯保証債務お相続する必要がなくなります。また、亡くなった人の借金の連帯保証人など、債務の存在が相続後にわかることもあります。債務の存在を知った日(返済の請求が来た日)から3ヶ月以内であれば、相続放棄が認められることもあります。ただし、自分の利益を得るための行為をした場合等、相続放棄が認められないケースもありますので、ご注意ください。

相続税申告でお悩みの方。遺産分割協議で相続税について気になる方。
相続申告相談センター・一宮にご相談ください。
専任スタッフが親身になり、対応させて頂きます。

投稿者 相続申告相談センター・一宮 | 記事URL

2017年11月28日 火曜日

12/9 相続なんでも相談会

『税務調査で否認されない』生前贈与のポイントセミナーを開催いたします!

贈与をしたはずが「名義預金等」として税務調査で否認されることは絶対回避しなければいけません。
これを機に、正しい生前贈与を身に付けましょう!

講師:税理士法人ベストフレンド 税理士 長尾哲也
先着20名様の無料セミナーです。

日時:平成29年12月9日(土) 
10:00~11:00(受付9:30~)
会場:i-ビル(尾張一宮駅前ビル)2階 大会議室

また相談会も同時開催いたします!
相続について「どこで?誰に?何を?相談すればいいのか分からない」
「地元の専門家に気軽に相談してみたい」
そんな声にお応えして、法務・税務・不動産の無料相談会です。
各専門家先着5名様限定の相談会です。
相続に不安のある方はぜひこの機会にご相談ください。

日時:平成29年12月9日(土)
①9:30~ ②10:00~ ③10:30~ ④11:00~ ⑤11:30~
会場:i-ビル(尾張一宮駅前ビル)2階 大会議室

お問い合わせ先:0120-797-037
(平日8:30~17:30)
お問い合わせの際にブログを見ました!とお伝えください!
みなさまのご参加お待ちしております。



投稿者 相続申告相談センター・一宮 | 記事URL

2017年11月14日 火曜日

生命保険による相続対策

生命保険を活用することで、相続人おいて3つのことを対策することができます。

①円滑な遺産分割
あらかじめ生命保険にて、死亡保険金受取人(誰に渡すか)を指定することができるため、渡すお金に「宛名」をつけて残すことができます。
また、死亡保険金は「受取人固有の財産」となるため、原則として遺産分割協議の対象となりません。

②流動性資金の準備
預貯金は、亡くなると口座が凍結してしまい、遺産分割協議が終わるまで資金を動かすことができなくなります。
生命保険金は、保険金受取人が請求手続きをすることにより、すみやかに現金を受け取ることができます。
納税資金などの資金準備として活用されるケースもあります。

③相続財産の評価
生命保険金には、相続税の非課税枠という制度が設けられています。
500万円×法定相続人の数=非課税限度額
預貯金で所有していると相続税がかかりますが、この非課税枠を利用して生命保険金で受け取ると相続税がかかりません。

そろそろ相続対策をと考えられている方は、ぜひ一度相続申告相談センター・一宮までご相談ください。
税務の専門家が相続税試算を行った上で、あなたに適した相続対策をご提案させていただきます。



投稿者 相続申告相談センター・一宮 | 記事URL

ACCESS

〒491-0831
愛知県一宮市森本2丁目26番5号

【受付時間】
月~金 8:30~17:30

【定休日】 土日・祝日

0561-72-3848
iPhoneの方は下記番号をタップすると通話料無料で電話ができます。
Tel:0120-797-037
お問い合わせはこちら 詳しいアクセスはこちら