スタッフブログ

2017年3月28日 火曜日

相続税の計算

相続税申告とは、亡くなった方(被相続人)から各相続人等が相続や遺贈(遺言により財産を受けること)により取得した財産の価額の合計額が基礎控除額を超える場合に相続税の課税対象となるため、必要になってくる手続きのことです。

基礎控除額は、
3,000万円+600万円×法定相続人の数です。

例:法定相続人が妻と子供2人の場合は、3,000万円+600万円×3人=4,800万円となります。
取得した財産が基礎控除額以下の場合には、相続税はかかりません。
取得した財産が基礎控除額を超えた時は、超えた分を相続税が発生することになります。
他にも生命保険金や死亡退職金の非課税により、相続税がかからない財産もあります。

・相続税がどのくらいかかるか気になる方
・相続税が発生するので、生前に対策を検討したい方

そんなお悩みをお持ちの方は、相続申告相談センター・一宮にご相談ください。
相続専門スタッフが親身になり、お手伝いさせて頂きます。
一宮市・稲沢市在住の方、ぜひご連絡ください。

投稿者 相続申告相談センター・一宮

ACCESS

〒491-0831
愛知県一宮市森本2丁目26番5号

【受付時間】
月~金 8:30~17:30

【定休日】 土日・祝日

0561-72-3848
iPhoneの方は下記番号をタップすると通話料無料で電話ができます。
Tel:0120-797-037
お問い合わせはこちら 詳しいアクセスはこちら