スタッフブログ

2017年3月14日 火曜日

終活

終活とは、人生の終わりを自分らしく締めくくるための取り組みです。

その中でも特に重要なのが人生の終末期に迎えるにあたっての希望を綴る「エンディングノート」の作成です。
エンディングノートの内容は自由なので、書店で様々な書式の物が販売されていますし、自分で作成しても大丈夫です。
よくある内容は、自分史(今までの生い立ち)や持病、薬等の今までの自分の記録と、今後の介護が必要になった時や、延命治療の意思表示、葬儀をどのようにするか等のこれから自分らしく過ごすための意思を書き残すことが多いです。
また、ご自身の財産管理にも役立ちます。財産の一覧をエンディングノートに記載しておけば、そのときがきても相続人が財産を把握することができます。
ご自身の財産が後々にトラブルをもたらすことがないよう、エンディングノートを活用した身辺整理を今のうちから行っておきましょう。
ただし、エンディングノートは法的な効力を示す書類ではないため注意しましょう。
もし自分が亡くなった時に遺産は誰に引き継ぎたいと明確にしておく場合は、遺言書を作成しましょう。

相続申告相談センター・一宮では、相続に悩む方々のお手伝いをさせていただいております。
どのように遺産分割したらよいか。
税金はどのくらいかかるか。
生前対策をしたいがどうしたらよいか。
相続でお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。
無料の相談会も行っておりますので、一宮市・稲沢市ご在住の方は一度お問い合わせください。

投稿者 相続申告相談センター・一宮

ACCESS

〒491-0831
愛知県一宮市森本2丁目26番5号

【受付時間】
月~金 8:30~17:30

【定休日】 土日・祝日

0561-72-3848
iPhoneの方は下記番号をタップすると通話料無料で電話ができます。
Tel:0120-797-037
お問い合わせはこちら 詳しいアクセスはこちら