ホーム > 相続の流れ

相続の流れ

相続の流れ

相続、以下のような流れで行われます。あせらず、順番に行っていきましょう。
また、相続の各種手続きには、その期限が決められています。
慣れない作業は予想外に時間のかかる場合があります。
また相続人が複数人いる場合、分割協議や申告など、個人の判断で手続き進められない案件も少なくありません。何事も、早め早めに取りかかりましょう。

相続の流れ

① 死亡(相続開始)

葬儀の準備・死亡届の提出。
※注意点:死亡届は7日以内に提出します。

② 葬儀

葬儀をとり行います。

③ 初七日法要

初七日の頃を目安に、遺言書の有無を確認します。
※注意点:遺言書は家庭裁判所の検認が必要です(公正証書遺言は除く)。

④ 四十九日法要

四十九日法要の頃を目安に、親族会議を行います。相続財産や債務の概略調査を行います。
※注意点:相続放棄・限定承認の検討をします。

⑤ 相続放棄・限定承認をする場合は、手続きをする

※注意点:相続放棄・限定承認の手続きができるのは、わずか3カ月以内ですので注意が必要です。

⑥ 所得税の申告と納付

所得税の申告と納付のために、相続財産・債務の調査、相続財産の評価を行います。
※注意点:所得税の申告と納付は、4カ月以内に行います。

⑦ 遺産分割協議

四九日法要の頃を目安に協議を始めるとよいでしょう。
※注意点:相続人全員の実印と印鑑証明が必要になります。
納税の方法、延納・物納の検討などもしておきましょう。

⑧ 遺産の名義変更手続

※注意点:不動産の相続登記などもお忘れなく!

⑨ 相続税申告

税務署に納税・申告の手続きを行います。
※注意点:相続税の申告は、10ヵ月以内に行います。

ポイント!
主な手続きの期限(相続の開始があったことを知った日の翌日から)
・相続放棄の申告期限 3カ月
・所得税の準確定申告期限 4カ月
・相続税の申告、納付期限 10カ月

相続の種類

相続には次の3種類があり、それぞれの違いを理解しましょう。

  • 単純承認
  • 相続人が、被相続人の資産も債務(借金)もすべて相続する、もっとも一般的な相続のケースです。
    一定期間を過ぎる(つまり、何も手続きをしない)と、自動的に単純承認したものとみなされます。

  • 相続放棄
  • 相続人が、被相続人の相続を放棄する場合が相続放棄です。
    相続放棄した場合、被相続人の債務(借金)などは原則として「帳消し」になります。
    ※相続放棄は、各相続人が「自分が相続人になったことを知った時から3カ月以内」に家庭裁判所に「相続放棄申述書」の提出が必要です。この期間内に申述しなかった場合は、単純承認したものとみなされますので注意しましょう。

  • 限定承認
  • 相続人が、被相続人の資産を部分的に引き継ぐケースです。
    例えば、持ち家や株式を所有しているが、借金もあり、資産の全体像がわからない場合などに適用されます。
    ※後に債務が判明した場合は、相続した資産の範囲内で弁済を行います。
    ※限定承認は、「自分が相続人になったことを知った時から3カ月以内」に、「相続人全員」で家庭裁判所に対して「限定承認申述書・財産目録」の提出が必要です。この期間内に申述しなかった場合は、単純承認したものとみなされますので注意しましょう。

所得税の準確定申告

被相続人が亡くなった時点で行う確定申告です。
通常の確定申告はその年の1月1日~12月31日の期間内が対象となりますが、準確定申告の場合、その対象は1月1日~死亡日の期間となります。申告の期限は、死亡日から4カ月以内です。

ACCESS

〒491-0831
愛知県一宮市森本2丁目26番5号

【受付時間】
月~金 8:30~17:30

【定休日】 土日・祝日

0561-72-3848
iPhoneの方は下記番号をタップすると通話料無料で電話ができます。
Tel:0120-797-037
お問い合わせはこちら 詳しいアクセスはこちら