ホーム > エンディングノート

エンディングノート

エンディングノートとは

エンディングノートとは

いま「終活」という言葉が流行しています。
終活とは、人生の終わりを自分らしく締めくくるための取り組みです。その中でも、特に重要なものが、人生の終末期を迎えるにあたっての希望を綴る「エンディングノート」の作成です。
エンディングノートの内容は自由ですが、例えば介護が必要になった場合にどうして欲しいか、延命治療を希望するか、葬儀はどのようにして欲しいかなどを記すことが一般的です。また、人生の最後に誰に会いたいか、残された人へのメッセージなどを記す人もおられるでしょう。
エンディングノートは、ご自身の財産管理にも役立ちます。財産の一覧をエンディングノートに記載しておけば、そのときがきても相続人が財産を把握することができます。
ご自身の財産が後々にトラブルをもたらすことがないよう、エンディングノートを活用した身辺整理を今のうちから行っておきましょう(エンディングノートは法的な効力を示す書面ではありません)。

遺言書

何かあったとき、親族が遺産をめぐってトラブルが起きないようにするには、遺言書を作成することが最良の方法です。
しかし現実は、ほとんどの人が遺言書を作成していません。ご自分の残された財産で、残された子どもたちが争われている現実を見ると、ご本人はさぞ辛いだろうと推察します。

遺言書には「自分の財産をどうしたいか」という思いを明確に記すことがポイントです。しかし、自分の思いだけでは公正な視点に欠け、正しい判断ができない場合もあります。
遺言を作成するときは、ぜひ税務のプロである会計事務所にご相談ください。適切なアドバイスをさせていただきます。

遺言の種類
  • 自筆証書遺言
  • 本人が自筆で書く遺言で、ワープロや代筆は認められません。費用がかからないことや遺言の作成が秘密にできますが、遺族が遺言を見つけられないというケースも考えられます。

  • 公正証書遺言
  • 公証役場で証人2人以上に立会ってもらい、話す内容を公証人が書き留める遺言です。公証人が事前に確認するため、遺言が無効になることがありません。

  • 秘密証書遺言
  • 遺言の内容は公開せず、遺言書の存在のみを明らかにして残す方法です。

ACCESS

〒491-0831
愛知県一宮市森本2丁目26番5号

【受付時間】
月~金 8:30~17:30

【定休日】 土日・祝日

0561-72-3848
iPhoneの方は下記番号をタップすると通話料無料で電話ができます。
Tel:0120-797-037
お問い合わせはこちら 詳しいアクセスはこちら